石田堤 忍城水攻めのなごり<br />の詳細

石田堤 忍城水攻めのなごり<br />
城のなごり
ページの情報
記事タイトル 石田堤 忍城水攻めのなごり<br />
概要

成田氏の忍城訪問の後に、今度は攻め手の石田三成が陣を構えた丸墓山古墳付近を探索しのした。4月下旬の晴れの日。新緑が鮮やかでした。<丸墓山古墳>円墳としては日本最大規模です。[背景]秀吉は小田原征伐の一環として、本隊とは別の部隊によって関東に点在する北条方の城を次々と攻略していきま…… more した。三成が率いた二万の軍勢もその一つ。三成はそれ以前に大きな武功はありませんので、身分なども考えると大抜擢。まず館林城に向かいこれを降伏させると、南下してこの地へ向かいました。<忍城>小田原北条配下の成田氏の城。忍城の周囲は沼地・低湿地。大軍が押し寄せますが、城攻めは難航します。[水攻めを決意]苦戦する石田三成は、近くの丸墓山(一番上の画像)に登って周囲の地形を確認し、秀吉の備中高松城攻めに習って水攻めにすることを思いつきました。<周辺にも古墳>埼玉古墳群この付近には古墳が数多く残されています。丸墓山古墳はこの古墳群のなかの一基です。<石田堤(いしだつつみ)>石田三成が忍城を水攻めにした時に築いたとされています。総延長28km。今考えても壮大なスケールの工事です。ただ、流石の天下軍。資金は豊富です。周辺から人夫をかき集め、水攻めの堤を造り始めました。(三成はどちらかというと無駄な出費を嫌う倹約家。そもそもこの忍城水攻め、三成の本意ではなく、秀吉の命令という説もあります。不本意でも従ったという解釈も、それはそれでいかにも石田三成らしいと思います)<横から見た堤>この土塁はそのなごり。陣を構える古墳と直結するように造られています。<堤の上>訪問が4月下旬になってしまいましたが、石田堤のこの道は桜の名所でもあります。新緑がまぶしい[攻防戦]「関八州古戦録」や「成田記」によれば、堤防の効果で忍城の周りには水がたまり始めましたが、突然の大雨で堤が決壊。濁流が逆に三成率いる天下軍に襲いかかり、多数の死者がでたそうです。水攻めそのものは失敗しました。三成側の苦戦が続き、浅野長政や真田昌幸らの援軍が到着しますが、忍城は落ちません。やがて本城である小田原城が落城となり、戦は終わりました。これにより忍城は小田原征伐で唯一落ちなかった城となりました。伝わる話に対しては、異論や史料の信憑性の問題などいろいろ議論の余地がありそうです。ただ、私がこの地を訪問する気になったのは、上述のような歴史に魅力があってのこと。それと、それを背景に描かれた「のぼうの城」という物語。私としては、家でゴロゴロの自分を動かしてくれた話を大切にしたいと思います。気持ちの良い散策となりました。[埼玉県行田市埼玉]のぼうの城 スペシャル・プライス【Blu-ray】 [ 野村萬斎 ]価格:2,025円(2017/5/1 22:13時点)感想(0件) close

石田堤 忍城水攻めのなごり<br />
サイト名 城のなごり
タグ ご連絡 城のなごり(関東)
投稿日時 2017-05-07 18:20:00

「石田堤 忍城水攻めのなごり<br />」関連ページ一覧

新着記事一覧

妙高市「鳥坂城」身体を動かし歴史の息吹を感じる山城ハイキング|新潟県|LINEトラベルjp 旅行ガイド


国内・海外の旅行・観光ガイド トラベルjp<たびねす>|「城・城址」新着記事
新潟県妙高市にある「鳥坂城」は、山城歩きビギナーにおすすめの城!高床山から頸城(くびき)平野に向かって伸びる尾根上に築かれ、圧巻の遺構が残り...
国内・海外の旅行・観光ガイド トラベルjp<たびねす>|「城・城址」新着記事
2018-11-19 15:40:04

明日11月20日(火)の名古屋城のお知らせでござるよ!


名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ Powered by Ameba
明日、11月20日の名古屋城では 慶次殿、なつが貴殿をお待ちでござるよー! ぜひぜひお越し願いたもう!! 犬丸 ※各武将の出陣時間・出陣場所続...
名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ Powered by Ameba
2018-11-19 14:40:03
;