春日山城(日本100名城) 9 本丸から毘沙門堂までの詳細

春日山城(日本100名城) 9 本丸から毘沙門堂まで
みどりの木のブログ
ページの情報
記事タイトル 春日山城(日本100名城) 9 本丸から毘沙門堂まで
概要

昨日の続きです。今回は本丸から毘沙門堂までです。 下図本丸の右端から⑥方向です。 現在地にある案内板です。本丸とその下の帯曲輪をあわせて、実城(ピンクの線で囲む部分)と呼んでいます。 上図①から②の方向です。   上図②…… more 付近です。 右に行くと二の丸になります。二ノ丸は後で行きます。先に実城から見ます。 本丸下の帯曲輪の③付近です。下に銀杏の木がある所が二の丸です。大きな木が伐採されているので助かります。 明治維新後に復元された、毘沙門堂は⑦にありますが、謙信の時代は⑥の曲輪にあったそうです。 下に見える二の丸です。2021年11月7日撮影です。銀杏の紅葉には早かったのが残念です。 24日の写真をお借りしました。 上越日報さんの記事にある写真です。11月24日のものです。本丸の上空から撮影したようです。 さらに進むと   下図④付近から赤×印の道です。環境・遺跡保護のために通行止めです。 現在地にある案内板です。上杉家が豊臣秀吉から会津へ領地替えさせられ、関ヶ原の戦いの後は、徳川家康により米沢に領地替えされたので、毘沙門天像も米沢に移動しています。米沢城を修築して、謙信を祀る霊廟を、本丸東南高台に建立しました。そこに毘沙門天も合わせて祀りました。明治維新以後の毘沙門天像は、廟所脇の法音寺に移されました。火災などで痛みの激しかった毘沙門天像を、昭和になって高村光雲が修復します。この時、分身仏を作成して、修復の際に欠け損じた一部を胎内に入れたといいます。この分身仏は現在寄贈され、春日山城跡に毘沙門堂を再建して本尊となっています。 上図⑤付近から⑥方向です。赤い矢印の先端に護摩堂の石碑があります。 カメラを左に回すと 本丸が見えます。手前の禿げたところには、以前休憩所がありましたが、取り壊されています。 ⑥の曲輪の上にあがると   ⑥の上にあがり、本丸方向を撮影しました。護摩堂跡の石碑があります。護摩堂は⑥より低い所にあったのです。一段低い所から⑥の高い所にある、毘沙門堂に向かい重臣も集められて、護摩を焚いて戦勝祈願をしたのでしょう。 この反対側は ⑥の上にあがった所です。手前に諏訪堂跡の石碑があり、奥に毘沙門堂跡の石碑があります。謙信は毘沙門天以外に諏訪信仰もしていたのでしょう。 ⑥にある毘沙門堂跡の石碑です。 護摩堂の解説板です。 謙信は越後国内の争いが収まらないので、いやけがさして、1556年に謙信は突然出家し隠居することを宣言し、同年6月には天室光育に遺書を託して、春日山城から高野山に向かいます。しかしその間、信玄に内通した家臣大熊朝秀が謀反を起こします。天室光育や長尾政景らの説得で出家を断念し、謙信は越後国へ帰国して謀反を平定しています。この時はまだ謙信ではなく景虎でした。 ⑤から⑦に行きます。 ⑤から⑦の途中の道です。 ⑦に復元された毘沙門堂が見えます。 復元された毘沙門堂です。中を覗いてみると 高村光雲が造ったレプリカです。体内に本物の破片が収蔵されています。 毘沙門堂の解説板です。毘沙門天は四天王の内の多聞天なのですが、多聞天のみを祀る場合は、多聞天を毘沙門天と言いました。 今回はここまでで、明日に続く 読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。希望があれば、読者(フォロアー)相互登録出来ます。毎日午後8時半~9時頃に更新しています。登録では「相手わかるように」に設定して読者登録してください。読者様のブログは拝見に行き、「いいね」やブログ村・ブログランキングは出来るだけ押しに行きます。 Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。 お手数ですが、よろしく。ぽちっと押すだけ                                                                                                                                                                                                                                                               お願いします。  close

春日山城(日本100名城) 9 本丸から毘沙門堂まで
サイト名 みどりの木のブログ
タグ
投稿日時 2021-11-25 01:00:04

「春日山城(日本100名城) 9 本丸から毘沙門堂まで」関連ページ一覧

新着記事一覧

<赤穂城> 徳川家光から築城のお墨付きを貰うも天守を建てなかった”天守台”を見よう!


シロスキーのお城紀行
「天守台シリーズ」第60弾は、「赤穂城」です。 現在多くの「天守台(天守代用の櫓台含む)」が残されていて、更にはその上に復元、復興等の「...
シロスキーのお城紀行
2021-12-05 15:00:04

新宮城跡(2021.11.25)


オレンジの普通でハッピーライフ♪
新宮駅に着き、観光案内所に寄ったりした後は…『那智の滝から那智駅~新宮駅へ(2021.11.25)』青岸渡寺の三重塔を拝観した後は・・・『熊野那智大社~...
オレンジの普通でハッピーライフ♪
2021-12-05 14:40:03

鮫ヶ尾城 日本100名城・続日本100名城 新幹線と列車 雨中の旅 1泊2日 新潟編5-5


hachiの日本100名城 続日本100名城 お得な切符で行く 鉄道・バスの旅
 鮫ケ尾城:本丸跡 ◆村上城編・新発田城編・高田城編のお城の写真や文書を少し変えてますので、また、お付き合いください。今回で、新潟遠...
hachiの日本100名城 続日本100名城 お得な切符で行く 鉄道・バスの旅
2021-12-05 01:20:03

<姫路城>の国内最も高さがある15m級「天守台」を見よう!


シロスキーのお城紀行
「天守台シリーズ」第59弾は、「姫路城」です。 現在多くの「天守台(天守代用の櫓台含む)」が残されていて、更にはその上に復元、復興等の「...
シロスキーのお城紀行
2021-12-04 14:40:03
;