<佐賀城、唐津城>の”櫓門”を巡るの詳細

<佐賀城、唐津城>の”櫓門”を巡る
シロスキーのお城紀行
ページの情報
記事タイトル <佐賀城、唐津城>の”櫓門”を巡る
概要

只今、「近畿地方」以西の西日本の「櫓門」をお届けしています。「櫓門」といえば、「門」と「櫓」を兼ね備え、特に「大手」等の重要箇所を固めた最強の門でした。 「東日本のお城の櫓門」の総集編及び「西日本のお城の櫓門」前半はこちらからご覧ください↓『<西日本のお城>の”櫓門” …… more 前半総集編』5月9日から始めた「櫓門」シリーズは、「東日本(※)のお城」42城の「櫓門」は既にお届け済で、現在は「西日本(※)のお城」の「櫓門」をお届け中です。(※)東日…ameblo.jp 『<東日本のお城>の”櫓門” 前半総集編』5月9日から始めた「櫓門」シリーズは、「東日本(※)」のお城42城の「櫓門」をお届けしてきました。(※)東日本、西日本は、「中部地方」で東西を分けました。 こ…ameblo.jp 『<東日本のお城>の”櫓門” 後半総集編』5月9日から始めた「櫓門」シリーズは、「東日本(※)」のお城42城の「櫓門」をお届けしてきました。(※)東日本、西日本は、「中部地方」で東西を分けました。 「…ameblo.jp  本日第70弾は、「佐賀城 鯱の門」(佐賀県佐賀市)と「唐津城 本丸櫓門」(佐賀県唐津市)の両城の「櫓門」です。 「佐賀城 鯱の門」(重文) 佐賀は「龍造寺家」の領地でしたが、「龍造寺家」の後継ぎが暗寓であったので家老の「鍋島直茂」が「龍造寺家」一門から領国政治の委任を受けるという変則的な形でした。 「豊臣秀吉」は「直茂」の軍才能を高く評価し、朝鮮出兵後の肥前国は鍋島家に任せられ豊臣政権の一躍を担うことになります。  関ケ原の戦いでは、「直茂」自身は、東西両方を天秤にかけ「家康」が優位という情報を得て、東軍へ鞍替えして西軍の拠点であった「立花宗茂」の「柳川城」を攻めました。その結果、本領を安堵されましたので、「家康」に恭順の意を示すために、息子「勝茂」の弟を江戸に人質として置くことで幕府から好感を得て1609年からは築城を行いました。 「龍造寺家」を継ぐ者が相次いで亡くなり、「勝茂」がその家督を継ぐことを幕府から承認され、その後は幕末まで「鍋島家」が佐賀の地を治めることとなります。  重文「鯱の門」は、「本丸」の出入りを固める門で、石垣の上に乗る「渡櫓門」には北西部の石垣の上に一重二階の「続櫓」が付随します。 重文「佐賀城 鯱の門」と「続櫓」(「二の丸」側から)重文「佐賀城 鯱の門」と「続櫓」(「二の丸」側から) 門の幅は、正面と背面が相違していて、正面は五間、背面は三間となっています。外壁は白漆喰総塗籠めで長押が窓上下に引かれていて、その下には瓦の庇が付きます。 重文「佐賀城 鯱の門」(窓の上下に「長押」、「本丸」側から)重文「佐賀城 鯱の門」(「本丸」側には「番所」)重文「佐賀城 鯱の門」(「本丸」側から) 屋根上には、青銅製の鯱が上がっているので門の名称が命名されました。更に門に使用されている飾り金具類は全て青銅製となっています。 重文「佐賀城 鯱の門」の屋根上にあがる「青銅製鯱」重文「佐賀城 鯱の門」に付く青銅製の鍋島家家紋「鍋島杏葉(ぎょうよう)」   「唐津城 本丸櫓門」(RC造復興) 肥前唐津は、「本能寺の変」後、「豊臣秀吉」の家臣となった「寺沢広政」の息子「広高」が、「秀吉」の朝鮮出兵で後方部隊として大きな貢献があったので与えられます。 関ヶ原の戦いでは東軍に付き所領が安堵され更には天草も加増されて、その石高に見合う立派な「唐津城」を築きます。しかし息子の「堅高」の時に、島原の乱、天草一揆で天草を没収されたことから失意で自殺し「寺沢家」は取り潰しとなります。 その後「天領」を経て、「大久保家」「大給松平家」「土井家」「水野家」といった譜代大名が目まぐるしく替わり、「小笠原家」が1817年に入って幕末・維新を迎えます。 「本丸櫓門」は、「本丸」の出入口になっていて、門を潜ると左に折れて石段を上り「本丸」に入ります。 白漆喰総塗籠めの外壁で、両脇の石垣に乗る渡櫓門形式です。大きな窓の正面右側には出格子を設けています。 1966年に、文化観光施設として模擬「天守」が建てられたときに、同時に他の櫓と共にRC造りで復興されました。 復興「唐津城 本丸櫓門」復興「唐津城 本丸櫓門」(門を潜り左折れで石段を上ると「本丸」、「本丸」跡から)   「ポチ」をどうぞよろしくお願いいたします。にほんブログ村 「フォロー」の方もどうかよろしくお願いいたします。 もしよろしければこちらにも「ポチ」をお願いいたします。お城巡りランキング  close

<佐賀城、唐津城>の”櫓門”を巡る
サイト名 シロスキーのお城紀行
タグ
投稿日時 2021-07-25 15:20:02

「<佐賀城、唐津城>の”櫓門”を巡る」関連ページ一覧

新着記事一覧

龍松山城 : 斜面に築かれた巨大堀切群が見所な紀南最大豪族 山本氏の城。


城めぐりチャンネル
龍松山城(りゅうしょうざんじょう)は、和歌山県の紀南エリア、田辺市の南を流れる富田川沿いの山中に築かれていた中世山城で、富田川流域全域を支配...
城めぐりチャンネル
お城
2021-09-27 15:20:02

福知山城いろいろ


レレレの行ってみたらこんなとこ!
今回は福知山城のことですことですって言うより、福知山城の景色いろいろです これは福知山市役所側から撮ったもの福知山城を幾度となく撮った僕でも...
レレレの行ってみたらこんなとこ!
2021-09-27 01:40:05

信濃吉岡城


蟠龍戦記
現在は吉岡城址公園として整備されており、写真の石碑や説明板が設置されています。どちらかというと児童公園みたいな感じでブランコなどが設置されて...
蟠龍戦記
長野県
2021-09-27 01:00:18

【城を観る+】《小丸城(越前国)》2021 〜佐々成政が築城!小丸城跡を観る〜


城を観る
城を観る[YouTube]今回は...(撮影 2021/09/24)【城を観る+】《小丸城(越前国)》2021 〜佐々成政が築城!小丸城跡を観る〜【城を観る+】《小丸...
城を観る
2021-09-26 16:20:02

新しい御城印のご案内「見広城」「長部城」


いざ!出陣!
新しい御城印発行のお知らせです。今回は千葉県旭市の「見広城」「長部城」です。長部は「ながぺ」と読みます。なんかカワイイ✨ お城の説明は...
いざ!出陣!
城・歴史 山城 文化・芸術 旅行・地域 趣味・ガイド
2021-09-26 16:00:03

平須賀城 [2/2] 4段構成の曲輪に建物が並んでいた最深部の主郭群へ。


城めぐりチャンネル
平須賀城 訪問記 其の二。 [前回までの訪問記 概要]梅林の脇の急斜面をひたすら登って城域へ。城の北側のピークにある小曲輪から散策開始。城の北...
城めぐりチャンネル
お城
2021-09-26 15:20:02
;