雪の福知山城の詳細

雪の福知山城
レレレの行ってみたらこんなとこ!
ページの情報
記事タイトル 雪の福知山城
概要

今回と次は1月1日のことです前にも書いたように、この日は本家へ行ったあと親父と恒例の福知山のBOOK・OFFへこの日は12:00開店だったため、時間調整で雪の福知山城を撮ってから行くことにしましたさすがに雪が積もったこともあり、駐車場は空いてました 下から見た福知山城・椿と昇龍橋…… more とこの日は積雪で足元が危険なため、渡ることは出来ませんでした 美術館と更に城らしく見える⁉今まで何度も投稿してますが、福知山城の石碑は初めてかも⁉ 上がり坂は雪をかいてくれてました 雪積もる塀と天守とさすがに本丸のとこには雪がいっぱいしゃべる自販機もあります前から左のはあったけど、右のは増えたのかな?左のはBOOK・OFFにもあるタイプですその喋ってるのも過去にアップしてます(笑)雪被る天守閣せっかく?なんで動画も撮りましたその正面天守閣の右側には朽木公を祀った神社もあります祝歌石碑のとこらから本丸から見た雪景色の福知山市街市役所(右手の建物)の裏には伯耆丸公園(三の丸跡)があります分かりにくいけど中央付近伯耆丸のことも過去に記事にしています→伯耆丸公園『福知山散策 その8 鉄道好きな人向けの場所と城跡関係と(ポッポランド)(明智藪)(伯耆丸公園)』やっと福知山散策の記事も最後になります今回1日で17ヶ所も見て回ったので、今回は記事もさすがに長くなってしまいましたf(^^;御霊神社を後にして、ゆらのガーデ…ameblo.jpこれは由良のガーデンを上から見たとこ釣鐘門辺りこの日、山家城跡の御城印も貰ったので、ならばよく行く福知山城も貰わない訳にいかないだろう⁉と頂いてきました(笑)登城記念となってますが、登らずとも頂けますいや、もう何回も登ってるから、御城印(300円)だけで良かったんで( ̄∇ ̄*)ゞ入っていた袋に解説もありますこの福知山城「御城印」は、寛文九年(1669)に常陸国土浦から福知山へ入った朽木稙昌(くつきたねまさ)に対し、幕府勘定所が発行した「丹波国福智山城付郷村高帳」から「福智山城」の部分を写しとって作成しました。「福智山」の「智」は明智光秀の「智」を採ったものと伝わっています。(原文のまま)前回に今まで行った福知山城の記事を貼ってたので、リンクしておきます→福知山城『福知山城再び』光秀繋がりで、今回は今までいろんな画像をアップしてきた福知山城のことを再びですガラケーの時の画像が鮮明な感じじゃなかったので、再投稿です(^^ゞたぶん僕の記事…ameblo.jp次回は稲荷山散策の続きですでは、またぁ~(* ̄∇ ̄)ノ close

雪の福知山城
サイト名 レレレの行ってみたらこんなとこ!
タグ
投稿日時 2021-01-10 14:21:46

「雪の福知山城」関連ページ一覧

新着記事一覧

;