美濃 寒水城  山の頂上にもうひとつの小山がの詳細

美濃 寒水城  山の頂上にもうひとつの小山が
久太郎の戦国城めぐり
ページの情報
記事タイトル 美濃 寒水城  山の頂上にもうひとつの小山が
概要

美濃 寒水城 (岐阜県郡上市明宝寒水) <市指定史跡>秋山明浄(めいじょう)にして粧(よそお)うが如く、山々の姿が艶やかな季節。城めぐりは季節めぐりでもあることをしみじみと感じながら歩いています。おそらく・・「城」がなければこの地に来ることはなかったろうな・・。いつもそんなことを…… more 思いながらの初めての土地、ワクワクして心躍るものです。さて、今回訪れたのは明宝村の寒水城です。前回の明宝村・郡上久須見城に続く明宝村の城シリーズ第2弾です。寒水川対岸から城山を望みます。山の頂部がとんがっていますね。城山の麓の路肩から登ることにしました。城山の西麓に城址石碑があります。ここから登城口が延びています。(途中からなくなりますが・・)例によって獣除けフェンスのセルフ開閉は行う必要があります。寒水城石碑。旧明宝村の村指定史跡扱いです。なかなか立派でして。登ること15分くらいで頂上に到達します。山の上にまた小山がある、といった感じの地形です。このあたりまで近づいても何ら城址に関するような遺構は見られませんでした。山自体は急峻ですが頂上付近は比較的なだらかな山容です。頂上には土塁とも曲輪ともとれる削平地がありますが・・。幅は3メートル以下で非常に狭隘、そこに人一人立つのがやっとのスペース。間には堀切のような窪みがありますが、人工的なものかどうかは判然としません。仮に人工によるものだとしてもここの部分を分断するのは無意味かと思われます。のろしの焚き穴か?と見られないこともありませんが、あくまで譲歩した想像です。??・・一体何なんでしょう・・??一帯はほぼ自然地形で、特に掻き揚げた形跡もみられませんでした。城としてはあまりに狭すぎやしませんか。曲輪にしては狭すぎて小屋を建てるスペースもありません。「三畳一間の小さな下宿」の方がまだましです。(←あなたはもう忘れたかしら?)番人も居眠りなどしようものなら次の瞬間谷間に滑落してしまうでしょう。それでも何となく堀切に見えてしまう所が無きにしも非ず・・。永禄年間(1558~1570)頃、寒水には在地土豪として寒水遠藤氏がいました。城主として遠藤善右衛門がおり、遠藤氏の居城として言い伝えがあります。郡上郡一円に勢力を広げた東氏や遠藤氏の血脈は郡内各地に配属されました。しかし現状の姿を見る限り城としての防御施設はみられず、疑問符が残る遺構です。あと、こんなところも見学してきました↓。寒水風穴(稚蚕飼育所) <市指定文化財>風穴タイプの稚蚕飼育所遺跡です。なかなか珍しいと思われる石垣で組まれた稚蚕飼育所の遺構です。稚蚕共同飼育所とは、カイコの1齢幼虫~3齢幼虫まで(=稚蚕)を飼育するための施設。温度管理がしやすい小部屋で集中飼育する方式がとられていました。まるで城郭の天守台みたいに見えませんか?中の様子を見学させていただきます。こんな感じの穴蔵部屋です。年間を通して安定した温度と湿度で稚蚕の生育を管理しました。カイコの繭は終齢幼虫になると簇(しゅく)という小さく仕切られた器に入れられます。しきりにそって糸を吐き中央がすこしくびれた長楕円形の繭になります。年間三万貫近い繭を取り、大小の工場が製糸の業を営んでいた時代もありました。寒水に向かう県道82号線沿いにあります。マナー見学は自由。お土産に寒水鶏ちゃんを調達して帰ります。我が家は皆鶏ちゃんが大好物なので明宝ハムと明宝ケチャップもこしらえました。鶏ちゃんは若鶏ものと親鶏ものがあります。今回購入したのは若鶏もののほうで肉柔らかで肉脂がたまらなくジューシーでした。家族:「今度の城めぐりまたこれ買ってきてくれる?」自分:「へぃ、よろこんで((∩^Д^∩))」(小さくガッツポーズ!)レ点は城山を示します。Ⓢから尾根沿いに登山するします。城址石碑が見印。登山道が途中から消えますが充分直登できる山です。 close

美濃 寒水城  山の頂上にもうひとつの小山が
サイト名 久太郎の戦国城めぐり
タグ 郡上市の城めぐり
投稿日時 2019-12-06 01:20:02

「美濃 寒水城  山の頂上にもうひとつの小山が」関連ページ一覧

新着記事一覧

伊勢今徳城


蟠龍戦記
今徳城と書いて『こんどくじょう』と読みます。津市安濃町にある南光寺に写真の石碑があります。お寺に若干の土盛がありますが、土塁の遺構かはわかり...
蟠龍戦記
三重県
2020-08-16 01:40:04

第387回:[伊予]松前城(加藤嘉明が水軍を率いた城)


こにるのお城訪問記
訪問日:2018年10月松前城(まさきじょう)は愛媛県伊予郡松前町にあったお城です。正木城とも書き,読みは”まさき”です。町史跡に指定されています。...
こにるのお城訪問記
愛媛県の城郭
2020-08-16 01:20:05

かつての忍城の名残を眺めながら、フォトジェニックなカフェはいかがじゃ?【甲斐】


忍城おもてなし甲冑隊
忍城城主 成田氏長の娘甲斐にございまする。 皆、暑さに負けぬようどんな事をしておる?行田では、今年新しく出来た人気の場所があるんじゃ。 忍城の...
忍城おもてなし甲冑隊
おしゃれカフェ カフェ フォトジェニック フロート ベールカフェ 成田軍のイチオシ! 映え 水城公園 甲斐姫 行田 行田市グルメ
2020-08-15 16:20:03

白石城址


EBI印 近隣探索日記
白石城を散策すると。 大手門の反対側には 土塁と門跡が かつてはこのような門が。 復元されるといいな~。 土産屋さんに寄ってみると 最近...
EBI印 近隣探索日記
御朱印
2020-08-15 16:00:03

松阪の城50選 第4刷販売中


日本山城遺産 伝えて残して歴史を繋げる 三重を中心に徹底訪城 時々ノーマルカーダート 最後にセルフコラボレーション
  松阪の城50選が好評につき、3刷(1800冊)が7月末で売り切れとなりました。この度4刷目の販売を新たに開始しました。これまでの皆様のご支援に感...
日本山城遺産 伝えて残して歴史を繋げる 三重を中心に徹底訪城 時々ノーマルカーダート 最後にセルフコラボレーション
古里の歴史
2020-08-15 15:40:03

【城を観る】《坂本城(近江国)》2020 〜麒麟がくる!明智光秀の居城!坂本城跡を観る〜


城を観る
城を観る[YouTube]今回は...(撮影 2020/08/11)【城を観る】《坂本城(近江国)》2020 〜麒麟がくる!明智光秀の居城!坂本城跡を観る〜【城を観る...
城を観る
2020-08-15 15:00:02

伊勢安濃城


蟠龍戦記
場所は、阿由多神社になります。県道410号線沿いではなく、1本中に入った道沿いに駐車場があり、鳥居をくぐり階段を登ります。階段を登り終えたと...
蟠龍戦記
三重県
2020-08-15 00:40:16

市街地の城跡・花隈城を訪ねて(前編)


せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部
夏真っ盛りのこの頃、いかがお過ごしでしょうか。 こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。 花隈駅 暑い太陽の下、降り立ったのは神戸高速線の花...
せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部
山陽沿線外(神戸高速鉄道) 神戸エリア(西代~西舞子)
2020-08-14 15:40:05
;