南紀南勢遠征記(29) ~松坂城~の詳細

南紀南勢遠征記(29) ~松坂城~
四十路直前日記Ⅱ
ページの情報
記事タイトル 南紀南勢遠征記(29) ~松坂城~
概要

 南紀南勢遠征も最終日。 最終日最初に向ったのは松阪市にある松坂城です。(市名のときが『阪』で、城名のときは『坂』のようです) 朝一で向ったのですが、指定の駐車場が満車。 その駐車場が市民?病院の駐車場と共用ということで、結局30分近くも待たされたんじゃないかな? 別のコインパー…… more キングでも探せばよかったですよ… 気を取り直して登城です。 この松阪城は二回目の登城ですが、今回は100名城のスタンプが目的でした。 スタンプは上の写真の歴史民俗資料館にあります。 押印したら登城ですね。 この城は1588年に蒲生氏郷が建てたのですが、今残る石垣はその蒲生氏時代のものが多く残るのだそう。 その頃の城郭を織田・豊臣の時代のものだから『織豊期(しょくほうき)城郭』というのだそうですが、その頃の城(特に石垣)はやっぱりカッコいいですね。 こちらは本丸の様子です。 鳥籠かと思ったら、井戸だそうです。 んでこちらが天守台。 蒲生氏→服部氏→古田氏の後は紀州藩領になり城主はいなかったために、天守など主な建物は放置され、天守は台風で倒壊したそうな。 案内に従って進むと裏門に出ます。 こちらは比較的新しそうな石垣ですね。 17世紀に改修された石垣があるというのですが、これでしょうかね? この石垣の前の道を右に進んでいくと、最初の写真の前に出ることができます。 close

南紀南勢遠征記(29) ~松坂城~
サイト名 四十路直前日記Ⅱ
タグ 三重県の城
投稿日時 2019-06-16 01:20:03

「南紀南勢遠征記(29) ~松坂城~」関連ページ一覧

新着記事一覧

明日7月20日(土)の名古屋城のお知らせでござるよ!


名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ Powered by Ameba
明日、7月20日の名古屋城では家康殿、清正殿、慶次殿、踊舞、なつが貴殿をお待ちでござるよー!! 11時15分から西之丸広場にておもてなし演武を行うで...
名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ Powered by Ameba
2019-07-19 15:00:02

7月28日(日)は「第26回市民祭・行田浮き城まつり」に出陣いたします!


忍城おもてなし甲冑隊
7月28日(日)は行田市で開催される「第26回市民祭・行田浮き城まつり」に出陣いたします! 「第26回市民祭 行田浮き城まつり」出陣日時:7月28日(...
忍城おもてなし甲冑隊
スケジュール
2019-07-19 01:00:03
;