水城 1 歴史などの詳細

水城 1 歴史など
みどりの木のブログ
ページの情報
記事タイトル 水城 1 歴史など
概要

今回から水城の紹介です。 水城は664年に唐・新羅の侵攻に備えて築かれた、防衛施設です。「日本書紀」には「筑紫に大堤を築き、水を貯えしめ、名けて水城と日う」と記されています。翌年665年に築かれた、大野城・基肄城とともに大宰府の防衛施設です。大宰府の前身は536年に那津…… more に出来た官家という施設でしたが、609年に「筑紫大宰」の名前が初めて「日本書紀」に記されています。大宰府となったのは665年頃で、周辺に大野城・基肄城そして水城が築かれたときです。730年太宰帥の大伴旅人が、自宅で「梅花の宴」を開き「令和」の書かれた歌が詠まれました。 水城周辺の写真(基山町教育委員会より) 全長約1.2km、高さ約9m、基底部の幅約80mの人工の土塁です。海側(博多湾)に幅約60m、深さ約4mの水堀を造りました。これが水城です。 水城周辺図(水城館より引用) 現地にある復元図です。 下写真の解説板拡大地図です。土塁堤の左側(博多湾側)に幅80mの水堀がありました。 上の地図1⃣から見た水城跡です。逆光で水城跡の石碑が見難いです。 東門のこの石碑は、水城地区の人達が独自に建てた石碑です。1915年に初めて水城村青年会の手で建てられました。その後経年劣化したので、地元青年会が再建したものです。 この東門で、都から来た役人を出迎えたり見送りました。 大伴旅人が730年に帰京するときに、この門で交わした、旅人と遊行女婦の児島の和歌です。 江戸時代後期の筑紫名所図会です。大宰府に行くときに通る、東門礎石が描かれています。当時はこの礎石のことを「鬼の硯石」といいました。 現在の東門礎石です。 横から見た東門礎石です。 今回はここまでで、明日に続きます。 読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。希望があれば、相互登録します。毎日午後8時半頃に更新しています。「相手わかるように」に設定して読者登録してください。読者のブログ村・ブログランキングは出来るだけ押しに行きます。 Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。 お手数ですが、よろしく。ぽちっと押すだけ                                                                                                                                                                                                                                                               お願いします。  close

水城 1 歴史など
サイト名 みどりの木のブログ
タグ
投稿日時 2019-05-20 01:00:02

「水城 1 歴史など」関連ページ一覧

新着記事一覧

;