2017.12.30 今帰仁城 [9] - 大隅からハンタ道へ -の詳細

2017.12.30 今帰仁城 [9] - 大隅からハンタ道へ -
100名城制覇をゆるく目指す
ページの情報
記事タイトル 2017.12.30 今帰仁城 [9] - 大隅からハンタ道へ -
概要

アレルギーって治らないね 私も今年は花粉がとてもつらい いろいろなバランスが狂って起きるみたいだけど 早く治るようになるといいね  今帰仁城は城部分を見終わり ハンタ道と呼ばれる道へ(地図省略) 大隅の城壁&n…… more bsp;載せてなかった気がする 鼠色の古期石灰岩でなだらかな斜面に 幾重にも重ねて作った堅牢な城壁 城壁に一定の間隔で突出部を作ることで 横、斜めからの攻撃が可能 横矢みたいな感じかしら 素晴らしい城壁だわね まっすぐに立ってると思ってたけど いくらか傾斜もついてんのね あんまり地震がないとまっすぐって 甲府城のボランティアのスタッフさんが 話してくれたわ 野面積みだと間詰石なんかで 揺れのエネルギーも分散されて 崩れにくいんだって言ってた なぜ最初に撮影しなかったのか不明 世界遺産の一部なんだよね でも最近世界遺産が胡散臭いみたいな 記事を読んでしまって 大隅の右側にハンタ道 今泊集落から今帰仁城までの道 沿道には今でも拝所がある ちょっと歩いてみようと思ってね ノロ殿内 火の神の祠があるようだこの奥に細い道があって そちらを歩いていく 割と足元が悪いので注意 今帰仁ノロの居住地 城の外にノロが住んでたのか 今帰仁、親泊、志慶真ムラの3つの ムラの神役を統率 今は海岸に近い集落にお住まいだとか こちらがその火の神の祠 ジャングルぽいし 観光客は全くいない 今帰仁城みたらさっさと帰るんだろうか もったいないよねぇ 供のかねノロ殿内火の神の祠 さらに道を進むとまた祠がある トゥムヌハーニと呼ばれているとか 今帰仁ノロの次位神役なんだって 供のはお供だと考えられている 今はコンクリだけど昔は藁ぶき屋根かな こちらが祠 神聖な場所って感じがする お参りとかができないのが 残念といえば残念 お参りの仕方も知らないしなー このように細い道を歩く 突き当りに整備された道 右へ行けばもっと続くようなんだけど 左の今帰仁城方面(帰るから)へ  close

2017.12.30 今帰仁城 [9] - 大隅からハンタ道へ -
サイト名 100名城制覇をゆるく目指す
タグ
投稿日時 2018-03-14 15:20:02

「2017.12.30 今帰仁城 [9] - 大隅からハンタ道へ -」関連ページ一覧

新着記事一覧

第693号簗瀬城


城 新 聞
 築城年代は定かではありませんが、1190年あたりの鎌倉時代初期、簗瀬氏によって築かれたとされています。 観音寺城から北東に7kmほど先の...
城 新 聞
2019-03-27 01:20:02

静岡県島田市:「諏訪原城跡」の「ビジターセンター」が完成!!(^^)


全国山城サミット 紹介ブログ
 全国山城サミットに「諏訪原城跡」を加盟しているのが「静岡県 島田市」。  そんな島田市の「諏訪原城跡」に待望の「ビジターセンター」が完成し...
全国山城サミット 紹介ブログ
静岡県
2019-03-27 01:00:10

「多聞櫓」の発祥 多聞城跡(奈良市多門町)


ahisats3のブログ - 城、城跡、城関連
3月9日の奈良市内 神社・史跡めぐりウォーキングで佐保川天満宮を参拝後、多聞城跡を探して歩いている時、天皇陵を巡っている京都から来た青年と出合い、...
ahisats3のブログ - 城、城跡、城関連
城、城跡、城関連
2019-03-26 16:00:01

間もなくオープン! 尼崎城を訪ねて(中編)


せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。 前回に続いて、尼崎城を訪ねてみたいと思います。 契沖生誕の比定地 尼崎城の近くに石碑が立っていまし...
せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部
山陽沿線外(阪神電車)
2019-03-26 15:40:01

明日3月27日(水)の名古屋城のお知らせでござるよー


名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ Powered by Ameba
明日、3月27日の名古屋城では利家殿、踊舞が貴殿をお待ちでござるよー! ぜひぜひお越し願いたもう!! 犬丸 ※各武将の出陣時間・出陣場続きをみる『...
名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ Powered by Ameba
2019-03-26 15:20:01
;