一栗古館(宮城県大崎市)の詳細

一栗古館(宮城県大崎市)
春の夜の夢
ページの情報
記事タイトル 一栗古館(宮城県大崎市)
概要

←主郭東側の大堀切  一栗古館は、鹿ヶ城、八幡館とも呼ばれ、戦国時代に大崎氏の家臣で岩手澤城主氏家氏の一族、一栗放牛によって築かれ、その子氏家宗蓮も居館とした。戦国後期に放牛の孫、兵部隆春は一栗城を築いて居城を移した。この時、古館が廃されたのかは不明だが、一栗城防衛の支城として残…… more されたのではないだろうか。  尚、一栗(氏家)兵部隆春が一栗城を築城した際、その記念として植樹したと伝えられる大きなヒバの木が、古館の南中腹に建つ八幡神社宮司の家の庭先に見事な姿を残している。  一栗古館は、江合川東岸の比高70m程の舌状丘陵先端部に築かれている。主郭には現在古館八幡神社が建っているので、参道が整備されており、簡単に登ることができる。最初の鳥居をくぐって階段を登っていくと、西側に腰曲輪が幾つか確認できる。中腹は広い平場になっていて、前述の通り宮司の家などが建ち、畑などが広がっている。往時はここも一郭であったろう。更に参道の階段を登ると、神社の建つ主郭に至る。主郭は比較的小さな曲輪であまり居住性はない。神社の東側に古墳があり、往時は物見台になっていたと思われる。主郭の西側には馬蹄形曲輪が一段、南斜面にも腰曲輪があるが、神社建設で一部改変されている。一方、主郭の東側には城郭遺構がよく残っている。主郭は高さ10m程の切岸でそびえており、東尾根を大堀切で分断している。その東も平場となっており、外郭があったと思われるが、藪が多いので未踏査である。大堀切は堀底道を兼ねており、南北の腰曲輪を繋いでいる。堀切の南側は側方に土塁を築いたになっており、木戸口か何かがあったようだ。南の腰曲輪は比較的広く、南西部に虎口があって、竪堀状の城道に繋がっている。この部分は参道の階段脇に見ることができる。その他、南側に何段か更に腰曲輪が築かれている。一栗古館は、一栗城に行く途中でたまたま標柱を見つけて立ち寄ったが、予想以上に城跡らしい遺構が残っていた。  尚、城の名称であるが、普通は単に「古館」と呼ばれるが、古館という城館は各地にあるので、ここでは他と区別する便宜上、「一栗古館」として記載した。 古墳のある主郭→←南腰曲輪の虎口  お城評価(満点=五つ星):☆☆  場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.690082/140.863631/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0 close

一栗古館(宮城県大崎市)
サイト名 春の夜の夢
タグ 古城めぐり(宮城)
投稿日時 2018-03-14 05:20:09

「一栗古館(宮城県大崎市)」関連ページ一覧

新着記事一覧

甘崎城 [3/3] かつて城山に築かれていた石垣や虎口を求めて山の上へ。


城めぐりチャンネル
甘崎城 訪問記 其の三。 [前回までの訪問記 概要] 海割れを待って歩いて甘崎城へ。南の三段隅石垣を見て、東側に残る岩礁ピット群を越えて北の小島周...
城めぐりチャンネル
お城
2018-06-25 04:20:55

メキシコのチャプルテペック城で歴史と風景を眺めて


「歴史の旅&外出」の記録「城」
先日、仕事でメキシコの首都、メキシコシティーに行く機会がありました。その限られたフリータイムに出かけたのが、こちらのお城でした。
「歴史の旅&外出」の記録「城」
海外旅行
2018-06-25 03:00:03

藤枝市郷土博物館と島田市博物館に展示されてる私のお城のジオラマを撮影された方の画像紹介


お城のジオラマ 鍬匠甲冑屋
藤枝市郷土博物館と島田市博物館に展示されてる私のお城EXPOジオラマを撮影された方の画像紹介 (静岡県S様)
お城のジオラマ 鍬匠甲冑屋
その他芸術、アート
2018-06-25 02:00:01

神成城③


山城めぐり(兄弟ブログ biglob)
曲輪3から二の丸へ 三の丸西側から帯曲輪に廻ります。 帯曲輪を歩き 帯曲輪の南側に来て 土塁が仕切り、西への通路から 三の丸西下曲輪 仕切り...
山城めぐり(兄弟ブログ biglob)
山城ー上州
2018-06-25 01:20:01

甘崎城 [1/3] 村上水軍の拠点の一つで、藤堂高虎が海中からそびえる石垣を築いた海城


城めぐりチャンネル
甘崎城(あまざきじょう)は瀬戸内海の大三島と生口島との間の鼻栗瀬戸と呼ばれる細い海峡を押さえる場所に位置する海城で、戦国時代は村上水軍の拠点...
城めぐりチャンネル
お城
2018-06-25 00:40:13
;